« UNCUT JUNE 2008 | トップページ | 英国 Mansfield "North Road" »

2008年6月15日 (日)

英国 Constrictor "CONLOY" 1947年

2008_06140031 さて何でしょうか、このイカの頭のようなカタチをした奇妙な物体は・・・。

僕を英国車趣味の泥沼に引きずり込んだ、いや違った(笑)、正調「英国車道」へ導いてくれたHさんのコレクションから希少パーツをいくつか譲っていただきました。そのひとつがこれ、Constrictor社の「CONLOY」リア・ディレーラー(変速機)です。1947年から約5年間製造されていたもので、この個体は今から約60年前に製造されながらも実際に自転車に装着されることのなかった未使用品とのことでした。

2008_06140037 イカの頭を裏から見た図。

「あぁ、4本のボルトを支点にした平行四辺形がグニュグニュと左右に伸びたり縮んだりしてチェーンを移動させるんだな・・・」ということが何となくわかりますね。

 

 

Constrictorbox このConstrictor(大蛇)という何ともおどろおどろした名の会社。パッケージに印刷されたロゴマークも気色悪いですね(笑)

COBRAという名のリムや、BOAという名のペダルなどこの会社が作る製品名には「ヘビ」の名前が付けられていますが、当時としては革新的な素材であったアルミニウムを用いた製品群にはおそらくConstrictorとアルミニウムを意味するAlloyをかけたと思われる「CONLOY」という名が付けられました。

※左写真は「www.classiclightweights.co.uk」より引用。

 

 

 

 

2008_06140033 それにしても、シフトレバーに付属のケーブルまで揃ったこの貴重なパーツ。

当分は酒の肴としてチャック付ビニール袋の外から眺めるだけになりそうですが・・・(笑)

 

 

3~4段のフリーホイールのうえをチェーンを左右自在に移動させる、たったそれだけのこととは言え、変速機の発想の原点を見るようで、楽しいものです。

 

 

|

« UNCUT JUNE 2008 | トップページ | 英国 Mansfield "North Road" »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。