« バッテリーライト | トップページ | 英国 Sturmey Archer 1960's »

2008年8月31日 (日)

20世紀少年

20thboy 昨日封切られた映画「20世紀少年」を駅前のシネコンへ観に行ってきました。 朝9:00からの上映回だったのですが、ほぼ満席の様子でした。

2008_08310001 大作「モンスター」ですっかりファンになった浦沢直樹氏の作品ということで、2年くらい前に集中的に読みふけたのがこの「20世紀少年」。

大阪万博のとき、小学校3年だった僕にとってこの作品が描く時代はまさにリアルタイム。 原っぱや大学移転跡地に残った研究棟、それに高校グラウンドのそばを流れる川の橋の下など、当時の僕のまわりにも秘密基地がいくつかありました。 「ゴリラのおっさん」と呼んでいた大学跡地の管理人の目を盗んで立ち入った研究棟にはガラスの試験器具なども残されていて、そこで仲間と過ごすひと時はとてもスリリングであったことを思い出します。

映画の方ですが、原作にかなり忠実に描かれており期待を裏切るものではなかったと思います。 そうそう、ケンヂたちが裸足のドンキーに追いかけられるシーンでは、当時流行った電子フラッシャー付のセミドロスポーツ車なんかも出てきて懐かしかったです(笑) でも、今回上映の「第一章」は2000年12月31日の巨大ロボット出現と爆破で終わっています。 原作ではこれからがストーリーのヤマ場です。 「第二章」は2009年1月31日の公開とのことですが、過去と現在を巧みに行き来し謎を解いていく、というより謎を深めていく原作がどのように映画化されるのか、楽しみです。

20thboy2  

 

 

 

 

 

 (C)Naoki Urasawa/Studio Nuts 2004

 

 

 

|

« バッテリーライト | トップページ | 英国 Sturmey Archer 1960's »

それ以外のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。