« 英国 RON KITCHING'S HAND BOOK 1970 | トップページ | Simplex "Prestige 532" 1962 »

2008年8月 2日 (土)

英国 HETCHINS "Vade Mecum" 1962

2008_08020024 憧れだった「HETCHINS」(ヘッチンズ)が昨夜、とうとう我が家にやってきました。ガンメタリックにピンクの胴抜き塗装です。

2008_08020005 お約束の「Curly Stays "Vibrant"」。なんと優美な曲線でしょう。

2008_08020017 ロシアから英国に移住したHyman Hetchins が英国籍を取得し、自転車作りを始めたのが1920年代でした。そして、ヘッチンズの特徴である "Vibrant"ステイを用いだしたのが1935年だったといいます。

1950年の「Magnum Opus(the great workの意)」から始まった「ラテン・シリーズ」のカットラグにはそれぞれラテン語の名称が付されています。

今回入手したこのヘッチンズは「Vade Mecum」。「go with me」という意味だそうです。数あるラテン・シリーズの中では比較的おとなし目のカッティングですね。

2008_08020002 BB付近。リア変速機へ延びるケーブルはBB下にトンネルが溶接されていますが、フロント変速機のケーブルガイドはBB上につけられていました。

 

 

 

2008_08020019 シリアルナンバーは「H2053」。ヘッチンズのシリアルナンバーの振り方は年代により随分変遷があるようです。Hに始まる数字4桁のパターンは1962年から69年まで続いたようです。

「H2053」の「2」は62年を示します。つまり、私のヘッチンズは1962年の53番目に製作されたもの、ということになります。ちなみに1963年の最後のナンバーがH3360との記録があります。つまり、62~63年の2年間で360台のフレームが製作されたということですね。

2008_08020026 ヘッチンズのフレームを特徴づけるこの "Vibrant"ステイ。

前フォークの曲げと同様、ショックアブソーバーとしての機能を追求した結果のデザインですが、前フォークを二度曲げしている「BATES」と並び、当時の英国ビルダーの革新性を垣間見ることができるようです。

 

 

 

 

2008_08020027 さて、このヘッチンズ。シリアルナンバーのとおり1962年製ということで、沈没寸前の英国自転車産業が放った最後の一撃・・・と言ってもいいくらい、英国車の歴史の中では比較的新しい時代のものです。

カンパのGSなど、このあたりの手持ちパーツで組んでみるのが一番素直かもしれませんね。

 

 

1962年・・・、僕が1歳のときに生まれたこのフレーム。すでに50年近くの長い年月を過ごしてきているのに、このところずっと40年代だ、50年代だといった時代の雑誌や情報に埋もれていたので、なんだかすごく新しい時代にタイムワープしたような錯覚を覚えてしまいました(笑)

 

 

|

« 英国 RON KITCHING'S HAND BOOK 1970 | トップページ | Simplex "Prestige 532" 1962 »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。