« 丹波渓谷~柳沢峠(1427m) | トップページ | Suede »

2008年11月 3日 (月)

"HETCHINS プロジェクト" 間もなく

2008_11030003 昨日の丹波渓谷のカラフルな紅葉風景から一変し、モノクロ画像で失礼します。 決してティーザー広告を気取っているわけではないのですが、なかなか全体像をご披露できない事情がありまして・・・(笑) 峠の頂上付近まで苦労してやっとたどり着いたと思ったら、いきなり眼前に12%勾配の急坂が現れた、といった感じでしょうか。

その最後の問題はチェーンにありました。 というか、前後ディレーラー(伊製)、チェーンホイール(仏製)、フリーホイール(伊製)、そしてチェーン(伊、仏、英製のどれか)という駆動系全体に係る相性問題なのかもしれません。

前回もお話したとおり、チェーンラインはしっかり出してきたはずです。 ところがインナー×トップギアでチェーンがアウター側へ脱落したり、アウター×ローギアではカンパニョロ"GRAN SPORT"のプーリーケージにゴリゴリ擦ってしまったり・・・。

イタリアのREGINA製"CORSA"やイギリスのRENOLD、はたまたフランスのSEDIS・・・と手持ちのチェーンをとっかえひっかえ付け替えてみますが、チェーンによって現れる症状がビミョーに異なり、これという決め手がないようです。 とりあえず、最も問題発生率の低いRENOLDでいこうと思いますが、いずれドック入りが必要かもしれませんね(笑)

2008_11030006 今回試した3種類のチェーン、左からREGINA(伊)、RENOLD(英)、SEDIS(仏)。

SEDISはインナープレートがご覧のとおりオフセットされており、チェーンの脱落は回避できました。 しかしインナー、アウタープレートとローラーの段差がほとんど無いため、カンパ"GRAN SPORT"の歯のない丸い鉄プーリーから脱線してプーリーケージを擦りまくりです・・・。

REGINAとRENOLDは各部のサイズは全く同一ですが、RENOLDの方がプレート部が薄く作られているため、多少柔軟な動きになるようです。

あと残るはタイヤのみです。 27×11/8ならパナレーサー製の輸出用?が手に入るのですが、27×1を試してみたいと思い、アメリカから取り寄せ中です。 無事届いたらいよいよ全体像をご覧いただきたいと思います。

 

 

|

« 丹波渓谷~柳沢峠(1427m) | トップページ | Suede »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。