« 風張峠(1,146m) | トップページ | 英国 Constrictor "BOA" »

2009年1月17日 (土)

英国 Chater-Lea "Tommy Bar"

2008_11240001 1930~1950年代の英国で最高級パーツ群を提供していた「Chater-Lea」社のペダル、いわゆる"Tommy Bar"バージョンと呼ばれるものです。 ピッカピカに磨き上げられたランドナーを愛好する方の中にはこのようなメッキの剥げた黒光りのパーツに目を背ける方もいらっしゃるかもしれませんね。

2008_11240003 かく言う僕のTOEIランドナーもフレームを再塗装のうえ、一生懸命磨き上げた60年代のアルミパーツで纏めています。
でもこのペダルのように黒光りするまで長年使い込まれたパーツには単なる磨きによる「綺麗さ」を超えた「美しさ」や「風格」「迫力」があるように感じます。
もっとも、使い込んだと言っても白濁化したポリッシュ仕上げのアルミパーツや、赤錆が浮きまくった鉄製パーツなどはオーナーの怠慢、ズボラ以外の何者でもないのでしょう(笑)

2008_11240004 英国では再メッキを施したパーツは嫌われるようです。 中古市場での価値も明らかに差がありますね。 もちろん「黒光り」に対してではなく、「オリジナル状態」であることに価値があるのですが・・・。

 

 

 

ピカピカのポリッシュ仕上げのフレンチパーツで固めたランドナーも大好きですが、このような風格ある鉄製パーツで纏めた英国車に魅せられた僕は、この一年さらに”変態度”を加速させていくのでしょう。

 

 

|

« 風張峠(1,146m) | トップページ | 英国 Constrictor "BOA" »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。