« 三国峠 (1740m) | トップページ | 有間峠 (1142m) »

2010年6月13日 (日)

Frank Patterson in ケータイ

Patterson12 フランク・パターソン(Frank Patterson 1871~1952)の描く線画の世界はサイクル・ツーリストの憧れです。 そんな風景の中に常に身を置いていたいという、ちょっと贅沢な願望を手近にあるツールで試してみました。

2010_061_002

ことは簡単です、誰もが持っているこのケータイの待受画面をパターソンの絵にしちゃおうって訳です(笑

 

 

 

2010_061_001

さっそく手元のパターソン画集の中から、480×854ピクセルの待受画面サイズにピッタリきそうな絵を何枚かスキャナーで読み取りました。

 

 

 

2010_061_003

う~ん、なかなかいいですね!

 

 

 

 

2010_061_004

おまけに近頃のガラパゴス・ケータイは、開閉の都度、何枚かの絵をスライドショー的に展開することも出来たりして、ゴキゲンです。

 

 

 

2010_061_006

なので、ケータイの蓋をパコパコと意味も無く開けたり閉じたり・・・(笑

 

 

 

2010_061_010

さらに、待受画面だけでなく、メニュー画面の背景にもトーンの濃淡を調整しつつ好きな絵を設定できるんですね。

 

 

 

2010_061_009

もちろん、カメラやワンセグを見る横ポジションの画面にも、パターソン!

 

 

 

Patterson_22

横長画面用にも何枚かピッタリの絵をチョイスしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケータイを開けるたびにサイクル・ツーリングの世界に思いをはせ、そして週末のプランを練る・・・。
しかし、季節はまさに梅雨。 逆にフラストレーションのタネにならねばよいのですがね(笑

Patterson_3  

 

 

 

 

 

|

« 三国峠 (1740m) | トップページ | 有間峠 (1142m) »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。