« 野麦峠(1672m)、開田高原 | トップページ | 富士五湖、朝霧高原 »

2010年7月22日 (木)

ツール・ド・フランスの百年史

2010_0722_001 いわば「ツールの博物館」が書斎にやってきた、という感じでしょうか。

2010_0722_005 数日前、書店で見つけて「おぉ!」と思わず唸ったのですが、あまりに大きくて重いため持って帰るのが面倒になり、その場でケータイからアマゾンに注文を入れたのでした(笑)

2010_0722_008 表2見開きです。 ルイゾン・ボベにエディ・メルクス・・・、ワクワクしますね。

2010_0722_007 この本はまえがきでベルナール・イノーが書いているとおり、ツール100年の「伝統ある狂気のレース」をくまなく網羅した物語であるとともに、その真骨頂は写真のとおり付録というには貴重すぎる「レプリカ」の数々でしょう。

2010_0722_011 いくつもの公式ポスターや絵葉書、地図、そしてルールブック。 さらにはスポンサーが配布したお面や帽子といったノベルティまで・・・。
とりわけ、サルバドール・ダリが描いた1959年の公式ポストカードや僕の好きな画家、デュフィが描いたジャック・アンクティルのポストカードにはたまげました。

2010_0722_012 そして、ツール100年を記念して発行された切手シート(もちろんレプリカ)まで、文字通り書斎が博物館になってしまうくらい充実した価値ある資料が付属しています。

「ツール・ド・フランスの百年史 (株)スタジオタッククリエイティブ」。
これで、3,990円は絶対安い!と思います。 猛暑の中、冷房の効いた部屋で自転車整備のかたわら、こんな資料集で和んでみてはいかがでしょう。

 

 

|

« 野麦峠(1672m)、開田高原 | トップページ | 富士五湖、朝霧高原 »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。