« シモバシラ | トップページ | 初弘法と嵯峨野散歩 »

2012年1月14日 (土)

Wool Jersey w/ Collar

Dscn3198

むふふっ、青いレニャーノ完成の暁には・・・

Dscn3219

1949年のツールドフランスでイゾアール峠を駆け抜けるファウスト・コッピ(Fausto Coppi 1919-1960)。
この写真からも分かるとおり、40〜50年代のロードレースシーンで着用されていたジャージーは衿と胸ポケットが付いていることが特徴ですね。
※写真は「The Competition Bicycle」から引用

Dscn3195

で、そんな当時のジャージーが欲しくて探していたのですが、ちょうどよいサイズのレプリカが手に入りました。
衿付き、胸ポケット付き、もちろん後ろにもボタン留めポケットが三つ付いています。

Dscn3205

で、そんなウールジャージーに合わせるタイツもやはりウールでなきゃ!ですよね。
昨今のタイツのようにパッドまでは付いていませんが、おサルさんのお尻のようなまぁるい尻当てはちゃんと付いています(笑)
何年か前の海外オークションで偶然見つけたものですが、それ以来、この手のウールタイツをオークション市場で見かけることは二度となかったような・・・
今でもどこかで入手できるのでしょうか。

Dscn3207

さて、ここまで揃ったらあとは自転車本体の完成を待つだけですが。
このジャージーを着てさっそうとサイクリングロードを疾走する日はいつになることやら・・・(笑)

 

 

|

« シモバシラ | トップページ | 初弘法と嵯峨野散歩 »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。