« タウシュベツ川橋梁 | トップページ | 京都 嵯峨野 青もみじ探訪 Part 2 »

2018年6月21日 (木)

京都 嵯峨野 青もみじ探訪 Part 1

Dscf15022_800

梅雨の真っ只中、青もみじの清々しさに触れたくて・・・

Dscf13872_800

大阪出張の翌日、有給休暇をとって京都の実家へ。
曇り空、そして蒸し蒸しした暑さの中、清々しい気分を味わえるのを期待して。

Dscf13902_800

まずは実家から歩いて7〜8分の妙心寺。子どもの頃の遊び場でした、笑

Dscf13922_800

ところがここを訪ねるのは実は初めて。

Dscf15312_800

退蔵院です。妙心寺の数多い塔頭のなかでも屈指の古刹。

Dscf13952_800

昨日まで降り続いた雨が蓮の葉に。

Dscf13962_800

Dscf13982_800

Dscf14052_800

日本最古の水墨画「瓢鮎図」(模本)

Dscf14182_800

Dscf14222_800

Dscf14382_800

Dscf14512_800

「陰の庭」を手入れする若いお坊さん。

Dscf14672_800

スイレンがきれいに咲いていました。

Dscf14582_800

交尾中のトンボ、笑

Dscf14792_800

気持ちの落ち着く庭です。昭和38年の造園です。

Dscf14882_800

Dscf15012_800

退蔵院入り口付近には沙羅双樹(ナツツバキ)の花が。

Dscf15232_800

Dscf15122_800

しかし、一日花なので咲いては落ち、咲いては落ち・・・
拝観受付のオバチャンいわく「今朝もバケツいっぱい拾い集めた」

Dscf15402_800

退蔵院を出ると、ちょうど時代劇のロケがはじまろうとしていました。

Dscf15422_800

通りすがりのお坊さんが「水谷豊さんがいるね」と教えてくれました、笑

Dscf15432_800

どれが水谷豊かわからず、テキトーに写真とっていたら「撮影ダメだよ!」と注意され。
ちょうど左端に半分だけ写っている茶色の着物が水谷さんでした、がっくり、笑

Part 2に続きます・・・

|

« タウシュベツ川橋梁 | トップページ | 京都 嵯峨野 青もみじ探訪 Part 2 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599659/66861155

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 嵯峨野 青もみじ探訪 Part 1:

« タウシュベツ川橋梁 | トップページ | 京都 嵯峨野 青もみじ探訪 Part 2 »