« 黒部峡谷 下ノ廊下 Part 2 | トップページ | 奥日光 小田代ヶ原 Part 2 »

2018年10月14日 (日)

黒部峡谷 下ノ廊下 Part 3

Pa147580_xlarge3_800

水平歩道、1920年開通(欅平〜仙人谷)。

Dscf80882_800

二日目の朝。

Dscf80932_800

関東近郊の山なら「名瀑」とされるような滝が、峡谷にはあちらこちらに点在。

Dscf81212_800

Dscf81232_800

まさに水平歩道。一定の高度(標高1,000mあたり)が保たれています。

Dscf81252_800

二日間、命を確保し続けてくれる番線とアンカー。

Dscf81412_800

それでもヒヤヒヤものです、汗

Dscf81432_800

展望台とは言っても、リュックを背負ったまま崖側へカメラを向けるの、無理、無理、笑

Dscf81452_800

大太鼓。

Dscf81472_800

本日の核心部。およそ100年前、多くの犠牲を払いながら人間が穿った岩。

Dscf81542_800

そして掘ったトンネル(志合谷)。

Dscf81622_800

Dscf81682_800

同行のIさん、トンネルのなかで靴のソールが剥がれてしまったよう・・・
拾ったソールをガムテームで(用意がいい!笑)ぐるぐる巻いて、再起動!

Dscf81872_800

ふたたびトンネル。

Dscf81892_800

Dscf81922_800

Dscf81992_800

水平歩道もいよいよ終盤。

Dscf82052_800

この鉄塔で、終点。

Dscf82252_800

少し離れたところに展望台。

Dscf82262_800

この夏、登った唐松岳が展望できました。

Dscf82302_800

そして一気に300m下った終点は黒部峡谷鉄道、欅平駅。

Dscf82312_800

トロッコ列車で。

Dscf82372_800

Dscf82472_800

黒部第3発電所。

Dscf82542_800

Dscf82552_800

出し平ダム。

Dscf82712_800

この後、宇奈月温泉。そして北陸新幹線で帰ってきました。

コース的には登山というよりハイクなのでしょうが、歩くに必要な技術は上級登山並み。とにかく長時間の歩行をいかに集中力を途切らせず、というところでしょうか。

お誘いいただいたSさん、Iさん、本当にありがとうございました!

黒部の電源開発の歴史をもう一度勉強し直してみたくなる、そんな旅でした。

|

« 黒部峡谷 下ノ廊下 Part 2 | トップページ | 奥日光 小田代ヶ原 Part 2 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

魚野川水平歩道なら行ったことがありますが、こちらの水平歩道ときたら・・・シンジラレナイ。
寿命何年縮みましたか?

投稿: 峠への招待 | 2018年11月13日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599659/67346719

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部峡谷 下ノ廊下 Part 3:

« 黒部峡谷 下ノ廊下 Part 2 | トップページ | 奥日光 小田代ヶ原 Part 2 »